熱病

d0119505_6244518.jpg

Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

以前は熱病にかかったように収集していたものがある。それは機械式腕時計だ。そのきっかけは一冊の雑誌だった。もう17年か18年前だったと思う。モノマガジン別冊のガジェットモノ腕時計が面白いとかそんな雑誌で今の世界の腕時計の前身の前身ぐらいのものだ。今では腕時計(アンティーク+現行品)なんてどの雑誌でも特集などくまれているが当時は、ほとんどなくめずらしかった。それにはいままで自分が見たこともない時計がのっていた。クロノグラフ、ムーンフェイズ、永久カレンダー、デジタルではそんなもの簡単に作れるがそれがすべて歯車とねじで組まれてあの小さなケースにはいっているなんて考えると、とたんに腕時計の魅力に取り憑かれてしまった。だが高校生の自分に高価なものが買えるはずもなくただひたすら雑誌を見ているしかなかった。それを実際手にいれることができたのは大学生になってからだ。

続く
[PR]
by arcteryx1971 | 2007-05-10 06:58 | その他
←menuへ